行ってきた日記

全国の観光地と名所を訪ねる人のブログ

さくら市早乙女の奥州街道(古道)に行ってきた!

奥州街道の古道(さくら市早乙女)

奥州街道の古道に行ってきた!

栃木県さくら市の早乙女というところに、さくら市の指定文化財に指定されている奥州街道の古道があります。

古道というと三重県の「熊野古道」があまりにも有名で、「古道=熊野古道」とイメージしがちですが、実は、古道というのは単純に「使われなくなった道」のことなので、全国各地に多数存在しているのです。

~ 入口の看板に書かれている解説 ~

奥州街道(古道)

慶長6(1601)年、徳川幕府は全国支配のため、江戸と各地を結ぶ五街道の整備を始めた。奥州街道は、慶長9(1604)年、東山道(関街道)に代わり正街道となり、奥州の諸大名の参勤交代や、奥州と江戸を結ぶ、文物交流の中心的な役割を果たした。

奥州街道は、日本橋から宇都宮宿までは日光街道と重複し、宇都宮宿から分岐して白河へ向かう。

さくら市には、奥州街道のほか、会津中街道、会津西街道、原街道の結節点となり、交通の要衝地として栄えた氏家宿と、喜連川公方の城下町でもあり、また、あゆの寿司で全国的に名を馳せた喜連川宿があった。

この古道は、たびたび山腹が崩壊するなど、難所の一つであったため、明治13(1880)年迂回路が開削されたことにより、往時の姿をとどめている。

f:id:nature-image:20210506052954j:plain

行ってきた感想

さすが「古道」です。普通の山道とは何かが違います。一歩入ると古い時代にタイムスリップしたような感じになります。怖がりの人は昼間でも通れないかもしれませんね。(^^ゞ

場所・マップ

セブンハンドレッドクラブというゴルフ場とニッカウヰスキーの栃木工場の間にあります。駐車場はありませんが、入口に車1台分の空きスペースがあるので、そこに駐車して古道を散策できるかと思います。

それでは・・・(^^♪

END

栃木県大田原市の「那須神社」に行ってきた!

f:id:nature-image:20210502111258j:plain
那須神社「楼門」※国指定の重要文化財

栃木県大田原市那須神社」を訪ねる

那須神社は、国から「重要文化財」および「おくのほそ道の風景地」に指定されている歴史ある神社で、大田原市の中心から6kmほど離れた「金丸」という地区にあります。

神社のすぐ隣りには、大きな駐車場が完備された道の駅「那須与一の郷」があり、そこにマイカーを止めて、ゆっくりと見学することができます。

30分あれば見学できるので、気分転換の散歩にもちょうど良いです。(^^♪

~ 住所・マップ ~

〒325-0012 栃木県大田原市南金丸1628

駐車場:数台分あり ※道の駅がおすすめ

~ 散策フォト ~

こちらが参道。ここから本殿までは300メートル近くあり、秋の例大祭ではここで流鏑馬が行われます。

f:id:nature-image:20210502104637j:plain

参道の両脇には立派な大杉が立ち並び、その向こうには金丸地区の田園風景が広がります。この参道を歩くと清々しい気持ちになります。

那須神社参道

参道から眺める金丸地区の田園風景。何もありませんがホッとする風景です。

那須神社からの風景(金丸地区)

楼門に近付くと、金属製の大きな鳥居がありました。この左手に社務所があります。

那須神社の大鳥居

こちらが、国指定の重要文化財の「楼門」。奥に見えるのが同じく重要文化財に指定されている「本殿」です。

f:id:nature-image:20210502111258j:plain

那須神社の「神楽(かぐら)」と「獅子舞」は、無形民俗文化財に指定されているようです。

那須神社の案内板

では、そろそろ参道入口で売られている「例の物」を買うために参道を戻ることにします。(^^♪

那須神社参道

お目当てはこちら。参道入口の空き地で「たい焼」と「焼きそば」を売っている屋台です。

この屋台は、この道何十年という感じのおじいちゃんとおばあちゃんが二人で切り盛りしているのですが、ここの「たい焼き」はアンの味が良く、また、皮にもやさしい甘さがあってとても美味しいです。

那須神社参道入口の屋台

こちらが、この屋台の「たい焼き」です。味は「あん」と「クリーム」の2種類があって、値段はどちらも120円(税込)です。

那須神社参道入口の「たい焼き」

備考・参考・その他

大田原市観光協会、道の駅「那須野与一の郷」のリンクです。

www.ohtawara.info

www.nasuno-yoichi.jp

END

大田原城址公園(龍城公園)に行ってきた!

大田原城址公園(本丸跡)
大田原城址公園(本丸跡)

大田原城址公園(龍城公園)を訪ねる

大田原城址公園は大田原市の中心、蛇尾川近くに位置する緑豊かな公園です。

大田原城は、天分14年(1545年)に大田原資清によって築城され、以来、明治4年1871年)の廃藩置県までの326年間、大田原氏の居城だったといわれています。

管理人が訪ねたのは4月15日の朝。桜は終わり新緑の葉が美しい過ごしやすい時期でしたが、新型コロナの影響か人影はほとんどありませんでした。

 

~ マップ ~

住所:〒324-0052 栃木県大田原市城山2
駐車場:公園西側に有り
公衆トイレ:園内に有り

~ 散策&フォト ~

では、さっそく公園内を歩いてみます。(^^♪

まず目にしたのは案内の古い看板で、そのデザインと状態から考えると、おそらく数十年前に作られたものでしょう。

少し離れたところには新しい案内板がありますが、この古い看板はとても貴重なものだと思いますので、ぜひ、このまま残してもらいたいですね。

大田原城址公園(古い案内板)

こちらが新しい公園の案内板です。

大田原城址公園(新しい案内板)

本丸跡の周囲は土が盛られています。その上が遊歩道になっていてぐるりと一周歩くことができます。

大田原城址公園(遊歩道入口)

大田原城址公園から北方面の眺めです。

大田原城址公園(北側の眺め)

遊歩道の北西の端にあったベンチ。ちょっと変わったデザインですが、おそらく、ここには何かしらの設備があったのでしょう。

大田原城址公園(ベンチ)

ここは、最近になって発見された本丸の井戸跡で、とちぎテレビの番組「U字工事の旅!発見」の中でも紹介されました。

大田原城址公園(本丸内隠し井戸)

こちらは、公園から南東方面の眺め。遠くに八溝山を見ることができます。

大田原城址公園(公園からの眺め)

公園から西方面の眺め。大田原の街が一望できます。遠くには「高原山」や日光の山々が望めます。どうやら、西側の土手は地盤が弱くなっているようで、工事用のバリケードがあちこちにありました。

大田原城址公園(東側の眺め)

ここは、大田原城の二ノ丸跡で、大きな記念碑が建てられています。この反対側には、昭和の雰囲気を感じるレトロな公衆トイレがあります。

大田原城址公園(二ノ丸)

本丸の西側の下、案内板によると坂下門があった場所の近くです。

大田原城址公園(スロープ)

大田原城址公園の北を通っている旧奥州街道についての看板です。ここから、東方向に行くと「白河宿」へ、西方向に行くと「佐久山宿」へ行くことができます。

大田原城址公園(案内板2)

公園内は意外と広く、また、迷路のように複雑で歩いていても飽きずに楽しめました。

大田原城址公園にて

この大田原城址公園は、管理人の自宅からはそれほど離れていないので、これからも時々訪ねてみたいと思います。それでは・・・(^^♪

備考・その他

撮影機材:カメラFUJIFILM X-T20、レンズXC15-45mm F3.5-5.6

終わり

那須町芦野の名勝「堂の下の岩観音」に行ってきた!

栃木県那須町芦野「堂の下の岩観音」

「堂の下の岩観音」

「堂の下の岩観音」は栃木県那須町芦野にそびえる崖の中腹に建てられた珍しい観音堂で、那須町指定名勝になっています。

春になると樹齢数百年ともいわれる大きなエドヒガンザクラ咲き誇り、崖と大桜のダイナミックな風景がとても見事です。

桜の時期は夜間のライトアップも行われ、多くの見学客でにぎわいます。

マップ・駐車場

〒329-3443 栃木県那須郡那須町芦野341

駐車場:近くに有り(10台ほど)

~ フォトギャラリー ~

手前には菜の花畑があります

那須町芦野「堂の下の岩観音」

観音堂へ続く坂道にある石仏

那須町芦野「堂の下の岩観音」

観音堂の高さからの眺め

那須町芦野「堂の下の岩観音」下の石仏

この日は水仙の花も満開です

那須町芦野「堂の下の岩観音」

那須町に来たらぜひ立ち寄っていただきたい場所です

那須町芦野「堂の下の岩観音」全体

備考・その他

堂の下の岩観音には休憩所や売店はありませんが、車で5分(約3km)ほどのところに、コンビニエンスストアセブンイレブン)や道の駅「東山道 伊王野」があります。

撮影機材:カメラ Nikon D700

END

大藤に感動!栃木県足利市「あしかがフラワーパーク」に行ってきた!

f:id:nature-image:20210425211822j:plain

栃木県足利市あしかがフラワーパーク

あしかがフラワーパーク」は栃木県足利市にあるテーマパークで、とくに大きな藤の花が見られることで有名ですね。

毎年GW前後には「ふじのはな物語」と名前が付いた花まつりが開催され、全国から花見客が訪れますが、もう大変なにぎわいです。(^^♪

管理人もGWに2回ほど見学に行きましたが、名物になっている樹齢約150年の「大藤」は特に見事で、「世界が息をのんだ美しさ」というキャッチコピー以上の感動がありました。

 

<ニュース情報!>

今年は観測史上最も開花が早かったらしく、花まつり「ふじのはな物語」の開催期間が繰り上がったようです。詳しくは、こちらを確認ください → ふじのはな物語 大藤まつり2021 | あしかがフラワーパーク

~ フォトギャラリー ~

藤の花

あしかがフラワーパークの大藤

あしかがフラワーパークの藤の花

あしかがフラワーパークの藤の花

あしかがフラワーパークの藤の花

あしかがフラワーパークの藤の花

あしかがフラワーパークの藤の花

あしかがフラワーパークの藤の花

ヨーロッパ調の花壇

あしかがフラワーパークの花たち

あしかがフラワーパークの花たち

あしかがフラワーパークの花たち

あしかがフラワーパークの花たち

パーク内の様子

あしかがフラワーパークにて

<マップ・リンク>

 〒329-4216 栃木県足利市迫間町607

公式サイト

www.ashikaga.co.jp

備考・その他

「ふじのはな物語」の開催期間中は、藤の花のライトアップも実施され、より幻想的な雰囲気を楽しむことができます。

撮影に使用したカメラは、SONY「α65」でした。

END

日本最古の公園 福島県白河市「南湖公園」に行ってきた!

f:id:nature-image:20210423082105j:plain

日本最古の公園「南湖公園

南湖公園は、東北本線白河駅」から南に3キロほど離れた場所にある都市公園で、日本最古の公園とされています。管理人は月に1回のペースでこの南湖を散歩しますが、ごく稀に珍しい動物(カワウソ)に出合うこともあり、飽きることがありません。

 

~ フォトギャラリー ~

管理人が訪れたのは4月6日 ( 火 )で桜は満開。平日でしたが多くの花見客でにぎわっていました。

f:id:nature-image:20210423082113j:plain

桜並木のとなりには用水路。水面に桜が写り込んでなかなか幻想的でした。

f:id:nature-image:20210423082119j:plain

南湖の西側の端のようす。

f:id:nature-image:20210423082127j:plain

今度は、湖の中央に向かって歩きます。

f:id:nature-image:20210423082134j:plain

すると、とても大きな桜が見えてきましたが、これだけの大きな桜はあまり見られないのではないでしょうか。

f:id:nature-image:20210423082142j:plain

湖のほとりには松の木も多数みられます。

f:id:nature-image:20210423082149j:plain

南湖の北側中央には貸しボートがあり、また、SHOZOカフェ、茶屋、レストランなどが立ち並び、楽しいひと時を過ごすことができます。

f:id:nature-image:20210423173603j:plain

貸しボート。この日は貸し出しはされていませんでした。

f:id:nature-image:20210423082201j:plain

湖の東側からの風景。遠くに見える山は「那須連山」です。

f:id:nature-image:20210423082209j:plain

備考・その他

南湖の周りには250台の無料駐車場がありますので、よほどのことがない限りマイカーの駐車に困ることはありません。

<マップ>

観光協会

shirakawa315.com

※撮影に使用したカメラは、富士フィルムの「X-T20」でした。

END

 

大田原市両郷の名木「磯上の山桜」を見に行ってきた!

f:id:nature-image:20210423082258j:plain

栃木県大田原市「両郷」地区

今回訪ねたのは栃木県の北部、大田原市にある「両郷」地区です。

現在「両郷」は大田原市の一部になりましたが、市町村の大合併以前は那須郡に属する村(両郷村)でした。

~ フォトギャラリー ~

この道を3キロほど走ると「磯上の山桜」があります。

f:id:nature-image:20210423082243j:plain

この日は、あぜ道に咲く桜も菜の花も満開でした。

f:id:nature-image:20210423081959j:plain

両郷は農業が盛んな地区です。

f:id:nature-image:20210423082007j:plain

廃校らしき敷地の桜も満開できれいでした。かつてはこの学校にも子供たちが通ったのでしょう。

f:id:nature-image:20210423082021j:plain

「磯上の山桜」へ向かう途中にあった大きな桜。見事な咲きっぷりです。

f:id:nature-image:20210423082050j:plain

こちらが大田原の名木に選ばれている「磯上の山桜」。樹高13メートル、樹齢は約300年。ピークは過ぎていましたが素晴らしい桜でした。

f:id:nature-image:20210423082029j:plain

こちらが「磯上の山桜」の表示板。

f:id:nature-image:20210423082036j:plain

「磯上の山桜」前には古い石碑が並ぶ。

f:id:nature-image:20210423082043j:plain

~ おすすめスポット ~

両郷地区のおすすめは「天宮のパン」です。管理人はまだ食べたことはありませんが、クチコミの評価が4.4とかなり高いので、美味しいのはほぼ間違いないでしょう。

また、両郷地区の近くには蕎麦粉を練り込んだ「蕎麦ソフト」が名物の道の駅「東山道 伊王野」もあります。

<マップ>

備考・その他

撮影に使用したカメラは、富士フィルム「X-T20」でした。

END